毎年恒例

前回のブログを書いたときも、父について触れました。
自分が何かを作って生きていこう…って思うのは父の影響です。いま父は農業をやってますが、以前は自動車の塗装や組み立て等、工業系の仕事をしていました。
仕事以外にも、家で車をいじったり、僕が工作の宿題をしていたときには首を突っ込んできたりと、作ることが好きなんだと思います。

僕自身も小~中学生の頃から絵を描いたり工作したりなど、やはり何か作ることが好きでした。それは高校生になったときも変わらず、卒業後の進路としては何か作ることをやっていきたいと思いました。
“何かを作って生きていく”ということに対して安心感みたいな感覚があり、今考えると、そこにも父の影響があると思います。

その一方、そういう事がやってみたいという考えがあるだけで、仕事としてお金が稼げるか等、具体的な事は何も考えていませんでした。
こうした漠然とした考えからも、美術系進学について父には反対され、結果工業系へ進みました。
そして大学を出て社会人を経験し、その上で、やはり何か作っていきたいという気持ちに変わりがなかった僕は、そこであらためてグラフィックデザインについて学び、それを仕事としてやっていきたいという気持ちを父に話しました。すると以前とは違って反対されませんでした。

こうして今に至ります。
自分は楽しくやっていますが、今の僕を見て、父自身は…あの時の賛成を後悔してなければいいのですが(苦笑。

そう言うわけで、今年の父の日も、父の好きな甘いものをあげようかと思います。

菱山 勇

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 菱山 勇 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です