海外に暮らす卒業生が一時帰国で、同期の卒業生と夫、みんなでごはんの日曜日です。
あたらしい生活のこと、人種が多様で英語を介してもまるで違う言葉のようで大変なこと、けんかをしたらどうなるか、恋人のこと、寝具の好み、仕事のこと、夫婦のあれこれ、家族のこと。

あんなことやこんなことがあって、話してみるとみんな違う考えを持っていて、そうなのかと受け入れ、そりゃないよと言われ、きっとこうなんじゃないかと考えて、それはすごいと膝を打って一同感嘆。
ナイスな切り口を披露の妻に非凡だねと感心しきりの夫は言い、ヒボンってフランス語みたいね、響きだけじゃんとヒボーンヒボーンを連呼。

みんなモノを創るひとたちだからか、ヒョイと視点を変えてみたり、伝わらないときは練って広げてさらに絞って方法を考える。

俯瞰で見れば網の目の接点が点在しただけでも、目の前を通った一瞬に魅力を察知したこと、ナイスアシストへの見えない努力があったこと、そして隣り合いひろがることがとてもうれしく感じます。
在学中は課題に囲まれていても、手伝って!の一声にすぐさま集まり朝までも作業をしてくれたひとたち。今は大切な友です。
みな線は細くとも自身の足でちゃんと立ち、周りを支え、誰かを想う、たくましくうつくしいひとたちです。これからもよろしくね。

本村 加代子

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 本村 加代子 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です