ふしょくのデザイン。フライヤーとチケット

risu

2015年G.W.!みなさんどこかいかれましたか?

5月3日(日)は町田のリス園に行ってきましたが、長蛇の列。中へ入るとリスにえさをあげたい人同士でリスの奪い合い状態。何とか餌やりをして、新百合ヶ丘のAEONでラーメン食べてのんびり帰りました。

 

話は変わって先月日曜日、フライヤーとチケットのデザインをさせてもらったイベントに、撮影クルーとして参加してまいりました。少し早めに会場へ向かうと、東神奈川駅近くの会場入り口には既に多くの人が…。

ビデオカメラの撮影準備をしていると、300名満員御礼で賑わってくる会場には自分のデザインしたチケット・フライヤーを片手に参加者が徐々に増えていき、関係者席には見たことある著名人や大学教授に映画監督なども。

チケットとフライヤーのセットでデザインしたのは実は初めてでしたが、このイベントの中心となる人が映画になるぐらい知る人ぞ知る有名人でブログ媒体からだけで集客完了。それいぐらいテーマのインパクトや注目度が大きく力のあるイベントだったので、自分が今回フライヤー・チケットデザインですることは情報の整理整頓に徹し、そこをとにかくめーいっぱい楽しんで制作しました。自分を出す必要はゼロ、入れ込む情報や素材を順序立ててホワイトスペースへ気持ちよく流し込む。気持ちよく伝えたい情報が伝わるように。そんな気持ちでデザインした物でも、やることきっちりやりきったら、ふと自分を見いだせる味がわかるようになったらこれまたワクワクだねって、さらに上見て現場を楽しんでまいります。

さて、そんな今回のイベントテーマは「ふしょく」。腐食ではなく、不食の3人が語る講演会で昨年には本や映画にもなって話題を呼んだライフスタイル。
断食という辛いイメージとも違って、3人の先生方、楽しくて止められない様子だったのが本当に印象的で、中でも印象的なメッセージが「食べたいときに食べたいものを食べたいだけ食べる」、というシンプルで自然なチョイス。そう、不食といっても100%食べない!と意固地になっているわけではなくて、食べるときは切り替えて食べる。でも、食べないという選択もありですよ~という一つの提案。
江戸時代は朝夕2食が普通だったとのこと。食に関しても「3食しっかり食べなくては…」という既成概念や刷り込みを一旦外した方がヘルシーで楽しいですよ~♪というメッセージが優しく伝わってきました。ご興味あるかたは、amazonで本などどうぞ~

husyoku

こんな素晴らしいイベントに関わらさせもらって、Tさん改めてありがとうございました♪このTさん、ご夫婦で日常生活、環境、地球をもっともっとよくなるよう、今回のように具体的な活動を普段の仕事をしながらされていて、いつもイイ刺激を沢山沢山頂いています。そんな刺激にも改めて感謝です。

 

さーてさてさて、ここから学校の話。日デも4月から新学期スタート!高校出たての新卒生から厳しい仕事の現場を辞めて大好きなことを仕事にしたい!!という強い想いでやってきた元社会人、そして日本でデザインの勉強をするために国境を渡ってきた留学生などなど…様々な背景顔ぶれの学生が集まってきました。

ここでは素敵なデザイナーやクリエイターになるために、既成概念に捕らわれず楽しくて止められなくなるようなクリエイティブライフを自分のペースで組み上げていけるよう、今年も最大限フォローアップしていきます。

ではまたブログで、または日デでお会いしましょう-。

小川正喜

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 小川 正喜 タグ: , パーマリンク