湘南ビールとベイトボール

a

久しぶりに江ノ島に行ってきました。
雪山の銀世界も魅力ですが、しばらく海に行かないと何だか、モゾモゾ?ムズムズとして無性に波や風、潮の香りや開放感のある海と空が恋しくなります。
まだ、朝晩は薄ら寒いこの時期、陽の当たる穏やかな海は、人で溢れ帰る夏の喧噪とした湘南とは違った表情で、ゆったりとした時間に癒される。

定番の江ノ島水族館も、久しぶりに覘いて来たのだが、愛らしくユニークで珍しい魚達より、大水槽で、このところ気になっている、なんでもない小魚たちの群れの塊、ベイトボールに見とれてしまった。
捕食者たちからの防御のために群れで大きな球体をつくるのだが、これが流動的に様々な形状に変化して、いつまで見ていても飽きない。本当の海の中たっだら、もっと凄いだろうな…
洗練されたデザイン構成をみているようで、改めて、生命や自然の摂理の力強さと美しさを感じさせられる。

b

で、そろそろ湘南ビール、味もなかなか本格的で美味いのだが、ラベルデザインもなかなかいい。
大仏ビールやクリスマスの季節限定ビールなど、様々なアートラベルが出ていて、眺めているだけでとても楽しい。
江ノ島水族館バージョンもあって、手描き風イラストの楽しげなラベルに惹かれ、早く暖かくならないかなあー、と一本買って帰りました。

中保 誠

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 中保 誠 タグ: パーマリンク