フリーマガジン ND egG (エヌディーエッグ) 創刊 !!

グラフィックデザイン学科のフリーマガジンが出来ました。
このブログでも登場の若手の先生や副手を中心に学生達と一緒に、自分達の手で、何か新 鮮で面白いものを作り出し、発信してみようー !
と志高くスタートしたのですが、まだまだ力不足で、企画、編集、デザインと力戦奮闘、 迷走しながらも色々な人達の力を借りて、やっと発行までこぎ着けました。

始めは、今までにない斬新で魅力的なフリーペーパー、マガジンをー。
と意気込んでのスタートでしたが、実際の作業に入ると、ンー?
ン…甘くないぞの感じで、改めて編集物の企画やグラフィックデザインの大変さを知るいい機会になりました。
まだ生まれたての卵ですから、諦めず、長い目で成長を見守っていきたいと思います。
ただ未熟ながらも、表紙を始めグラフィックデザイン学科ならでの、ちょっと自慢の部分もあります。機会があれば、是非手にとって多くの人に見て頂きたいと思います。

表紙は六本木 , ミットタウンの21_21DESIGN SIGHTでの展覧会以来、僕自身もファンの 一人でもある山元氏の作品、若手注目の現代アーティスト。
時間のない中、香港に送る直前の作品を快く貸してくれました。
ありがとう。
表紙だけでも飾っておきたくなる感じで、ちょっとしたアートマガジンに負けず劣らずの顔になりました。
山元先生には近い内、このプログにも登場してもらう予定です。

そしてやはり時間のない中、困った状況を見かねてアートディレクションとサポートを無償で引き受けてくれた黒沢先生、「楽しかったですよ」の一言に感謝、
ありがとう。
色々と忙しい仕事の合間をぬって、休日を返上してやってくれました。
お陰で幻の創刊号に ならずに済みました(ー汗)。

取材に協力してくださったハートウッドカンパニーの岩繁氏とOBOGのスタッフの皆さん、忙しい仕事の合間にご迷惑を掛けました。この場を借りて、
ありがとう。

そして、いつも笑顔で、嫌な顔を一つせず走り回って、皆をサポートしてくれた増淵君、 取材にいって反対に写真をとられてしまい、僕に怒られずっとへこんでいました(笑)。 いいお姉さん役になってくれました。
デザイン担当の白井君、いい加減で厳しい僕の要求に応えて、少ない時間の中めげずに何度も何度もデザイン修正に奮起してやってくれました、よく頑張ったね。
ありがとう。
あ、あと大久保先生もー(笑)

そして学生スタッフの皆。
デザインが色んな人や関わりの中で出来上がっていくこと、新しいものを作りだすことの難しさや大変さ、見えない苦労、責任、そして出来上がったときの喜び、今回の経験を通じて、少しでもそんなデザインの側面を知り、今後の活動に生かして行くことが出来れば とても貴重な体験になったと思います。
未来に向かって一歩ずつー。

ND egG、沢山の可能性を秘めた卵達が、どう巣立っていくのか?
楽しみに…!!
これからも宜しくお願いします。

中保 誠

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 中保 誠 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です