海辺とUMA

1

先日、仕事の合間に釣りに行きました。
釣果はネンブツダイという小さな魚数匹でしたが、のんびりできました。
自分は磯釣り、防波堤釣り専門。岸からポイっと投げてボーっとしているスタンスです。
そんな時、仕事、私生活や音楽の事、何を食べて帰ろうか、あそこにネッシー的な怪獣が出てきたら…とか、上の写真は当然CGですが、海を見ながら色んな事をふと考えたり。

ネッシーやつちのこといった未確認生物は、日本のメディアでは総称としてUMAと呼ばれている様です(Unidentified Mysterious Animal、ユーマ)。
子どもの頃に見た本が切っ掛けでしたが、私は今でもこれらの類いが大好きで、関連本なんかはつい買ってしまいますし、時間があればUMAサイトめぐりもして目撃談なんかを読んでいると…真に迫るものからオイオイといったものまで様々ですが本当に楽しい。
ちなみに、今年の1年生の中にもUMA好きがいました。そう、確かにオゴポゴ(カナダのUMA)には興味惹かれるよね!!笑。

そんな事から、自分が子ども頃の絵と言えばロボットよりも空想の怪獣でしたし、学生時代の作品や以前デザイン系コンペに出していた作品群は、やはり恐竜や空想の怪獣・爬虫類系、シーラカンスなどをモチーフしたものが大多数でした。
なにせUMAは子どもの頃から好きだったので自然にどんどん形に出来て…音楽同様、現在の自分のものづくりやデザインを形成している原点の1つです。

こうしたUMA、実在するしないに関わらず今後も興味を持って追っていきたいですね。
でも、自分の前にもし急に現れたら、喜んだり冷静にじっと観察ではなく、多分ただただ絶句か逃げるという感じでしょうが、苦笑。

2

では、お盆も過ぎて夏休みも後半ですが、これから海に山に出かけて行く人もいるかと思います。
まだまだ暑い日が続くので皆さん体調には気をつけて。

黒沢 一正

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 黒沢 一正 タグ: , パーマリンク