山ガールとピカソ

先日、アウトドアショップに靴を探しに行ったら、ずらっと並んだ色とりどりのレディスモデルのトレッキングシューズ、様々なデザインとその数の多さにビックリ… !

ランニングガールに自転車女子、山ガールに釣りガール、いつからか男のちょっとマイナーなスポーツにアクティヴな女の子(女性)達が進出してきた。
カラフルでおしゃれな高機能ファッションに身を包んでー
mumu–そんなの必要ないでしょ、と言ってしまえばそれまでのだが、

競技ではなく自分のペースで自然と向かい合い、極力人為的な機械の力を使わず、シンプルな自分の肉体だけで自由に遊ぶー
地球にやさしいエコかな . . .

自然派志向、エコや健康は従来から変わらないけれど、ちょっとオタク的なオジサンっぽいマニアックなイメージの垣根をオシャレなファッションでひょいと飛び越して、これって楽しいじゃんーの時代感覚、彼女達に拍手 . . .

勿論、メーカーの販売戦略もあるかもしれないけれど、ちょっとした従来の偏見や価値観を取っ払ってしまうと、あんがい身近で楽しい世界があったんだってこと。
既存の価値観が崩壊しつつあるどうも雲行きの怪しい日本の未来構造、豊かなのに幸せを感じられない日常、若者達ー
本来日本は島国で繊細に独自の文化を育んできたのだから、肉食系経済主導型のギラギラ系を嫌がるクールな草食男子が出てきても不思議ではない。
草食男子もスイーツ男子も、そんなものから解放されて、ボーダレスに独自の価値観を見い出し、楽しもうとしているのかも知れない。

…で、何で山ガールか?と言うと、山って大きい。
…で、海ガールは本格的なロコガールからファッション系の浜ガールまで昔から存在していたのだけれど、山男、アルピニスト、登山、とくるとかなりコアで女子が入り込めないような世界だった感じー。

なぜか南仏でピカソと過ごしたフランソワーズ・ジローが思い浮かんだ。
唯一ピカソを捨てた女性。
いや、17歳のスポーツガールだったマリー・テレーズか?
一瞬、机の上のピカソのフィギアがニンマリ微笑んだ気がした。

デザインアルピニスト女子、大力支持!!

中保 誠

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 中保 誠 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です