専門職人

はじめまして大久保です。
1年生の基礎分野と二年生グラフィクデザイン学科の演習授業を担当しています。

学校以外ではアニメーションの背景美術の分野で仕事をしています。
どんな仕事かというとアニメの人物以外(風景、建物)を描いています。
作品ごとに決められたスタイルや技法で描きわけていかなければなりませんので
新人の頃はテクニックを身につける事や作風に画を合わせる作業が大変でした。
制作枚数も非常に多いのでゆっくりじっくりという時間もないので失敗をかせねながら
毎日たくさん描く事で頭で考えるより体で覚えていく職人たちの仕事場です。
絵を描いていますがイラストともデザインとも異なる専門職というジャンルです。
ですが一通りできるようになるとコンセプトアート(作風の提案)を任されるようになり
それまでとは逆にアイデアやオリジナリティーが求められ、『考える事』が増えてきます。
自分の場合は『考える事』のほうが難しいです..(楽しいけど)

授業でもテクニックとアイデアの話題になる事がしばしばあります。
どちらも大切ですが、僕はまず何かやってみる事に意味があると思います。
そこから始まる事や思いつく事アドバイスも貰えますし
それに考えすぎても肩がこりますからね。

僕も小川先生と同じく麺類好きです。
代々木だと『恋麺処いそじ』のつけ麺は最高です。
ちなみにここは小川氏より教えてもらいました。
次回は違う麺屋を紹介します。

大久保錦一 まだまだ勉強中です

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 大久保 錦一 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です