こんにちは。
1年次2年次の絵を描く時間に学生さんにお会いします本村です。
今日は雨です。ただいま届いた見本誌を読んでいます。

連載を初めて頂いた頃は締切りについてゆくのが精一杯。何がどうしてこうなったのかと反省するばかり。
ねこを描いたら牛みたい。水面を描いたら硬い仕上がり。それでも毎月描くのでした。
今も、イラストレーションの仕事をしていなければ触れることが無かったであろうお話もちょうだいしてすこし緊張します。
白い紙に向って、さて、どう描こう。
ぐーっと離れて、透かして、伸ばして、横から見て、振ってみる。
時々描き始め早々に失敗してしまいます。向き合いすぎている場合が多いようです。
ぐーっと離れてまた描きます。
知らなかったこと、あたらしいこと、いろんな視点をくるくる動いています。
見えていないことばかりです。

今年の春から3ケ月が経ち、その日もその後もお互いを励まし連載の原稿をちょうだいしました。
自らの場所に立つ方々と、変わらぬペースに引き上げられたようで、絵を描く間は落ち着いて先のことを見て居られるのも不思議でした。

ここで限界が、書くのはむずかしいです。
小川さんはつけ麺でしたか。
わたしはあんドーナツでした。名店になりたいです。

本村 加代子

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 本村 加代子 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です