2018卒業制作 〜 2019新学期

先月の学校展(卒業制作、進級制作展示)、そして卒業式を経て、今年度も無事に卒業生を送り出しました。
羽ばたいていったGD学科生諸君は、これからそれぞれのデザイナーライフをおくっていく訳ですが、学生時代の制作とは異なり、仕事となれば様々な苦労やプレッシャーを一層感じる場面もあるかと思います。
その上で、どんな場面においても、卒制をはじめ、これまでの課題制作の時の様に “ デザインを楽しむ ” という気持ちで関わっていって欲しい…その様に思っています。

ではここで、2018年度の卒業制作の中から、特に優秀な作品を取り上げ、振り返ってみたいと思います。

まず、グラフィックデザイン専攻、関口 奈々さん。
卒業勉学賞作品 『 Pick Me! 』。

オリジナルのステーショナリーブランド展開です。
アニマルモチーフによるキャラクターをメインに、広告ポスター、そしてリングノートやシャープペンシル等のビジュアルを制作をしました。
かわいらしい各キャラクターからは、ほのぼのとした柔らかさを感じ、一方、画面上のバランスや文字の配置など、デザインとしてはシャープでキレの良いカタチにまとめていますね。

次にイラストレーション専攻、池田 和哉くんの 『 COLOR GIRL 』 。
卒業作品優秀賞を受賞しました。

様々なファッションに身をつつんだ女の子(GIRL)と “ COLOR ” という2つのテーマをベースにしたイラストレーション作品です。
このテイストで何十人も描き、またイラストを使用した大判連作ポスターや、製本したイラスト集も制作しました。
単色を基調とした色調、そして線描のタッチからも、ファッション系のメディアで見られる様な、ポップでおしゃれなイメージを感じさせてくれます。

そしてグラフィックデザイン専攻、中村 桃子さんによる 『 日本の書道芸術展 』 。
NDS会賞受賞です。

架空イベント 『 日本の書道芸術展 』 の広告ポスターやPVを制作しました。
「 広がる可能性 」というイメージを、伝統的な “ 書 ” の表現と、現代アートの “ 絵画表現 ” を組み合わせる事でビジュアル化しています。
B0×4というボリューム、そしてアナログ描写の能動的なイメージを、画面上に大胆に取り入れた迫力ある作品になっています。

他にも、卒制では2年間の集大成として、例えば広告ポスターやパンフレットといったグラフィックデザイン作品。そして各種イラストレーション。WEBデザインやPV等のMOVIE表現。またスケートボードやトランプ、クッションやシャツといった各種グッズに至るまで、GD学科生各人の趣向や個性溢れる多様な力作が出揃い、担当者としても大いに楽しませてもらいました。

…と、以降は新たな日デ生も入学してきますが、新入生、新2年生とも、新学期からは上記先輩方同様、色々な個性や発想、表現をゴンゴン見せて下さい。
私もバリバリ受け止めていきますので!笑

では新学期にお会いしましょう。

黒沢 一正

Be Sociable, Share!

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 黒沢 一正 タグ: , , パーマリンク