SNSで共有するリビングワンダーランド2018

今年も全国家庭用品卸商業協同組合(全家協 )さんからオファー頂き、リビングワンダーランド2018へ学生たちの作品展示をする機会をいただきました。

リビングワンダーランド2018のテーマは

LW2018

「ソーシャルを席巻する#ZAKKA~新たなターゲットを刺激するSNS活用術~」

2017年「インスタ映え」が流行語となり、消費者の約5割が「商品やサービスの購入で参考にする有効な情報源」としてSNSの投稿写真と答えているとのこと。

同時に大手量販店の実店舗では客足離れが加速し、スマホから注文できる通販での買い物にどんどんシフトしている状況。

大手デパートやショッピングモールでは来客を増やすために様々な手立てを施してもなかなか来客が増えない現状から、instagramを始めとするSNSを積極的に活用できるよう、店内撮影OKにしたり、インスタグラマーを呼び込むためのイベント企画等の動きが活発になっています。

そこでっ!

今回の産学協同制作で学生に課せられた任務は、

「日用品雑貨を題材とした学生目線のSNS映え」

いかに売り場に来る人を増やすことができるか?につなげるヒントを見出す制作となりました。

グループ制作で目指すSNS映え

各3名ずつのグループになって東急ハンズへいざ!ショッピングへ。

メンバーで相談しながら、学校から歩いていける東急ハンズの日用品売り場へ向かい、撮影に必要な資材やモチーフとなる日用品を選んで購入。領収書も忘れずにね。

学生ホールでのプレゼンテーション発表

今回も全家協の方々にご足労いただき、グループごとに作品を紹介。そこで作品のポイントや見どころをPRし、不明な点は質問を受けて当日展示までにブラッシュアップを図ります。

展示会当日

自分もですが、SNS映えにはすこし距離を感じるお父さん世代で賑わう会場。

そんな中で一際目立つプロがあしらったSNS展示ブース。日用品を用いていかに楽しい演出ができるか様々なアプローチで表現されていました。

日用品を日用品としてでなく、こうしたらSNS映えするアイテムの被写体としてどうでしょう?という試みがなされて、見ていて新鮮であり、楽しい空間となっていました。

そしてそのブースの通路を挟んだ真向かいに学生たちの作品が展示されていました。

展示された作品にはグループごとにコンセプトボードを設置、「いいね!」の代わりに設置された投票ボールをどれだけ多く獲得できるかで競い、最終優秀作品のグループには賞金が授与されることに!

そして優秀賞に輝いたDグループの作品がこちら。テーマは「ピクニック」

公園の芝生にメインの日用品になるプロセッサーを置いて、小さい日用品は空中に投げて撮影したというDグループ。何度も何度も投げては撮影し直し、その中からこれはイイ!と思えるものを選んで作品として展示。不思議な浮遊感があり、リラックスして楽しめるイイ作品となりました。

まとめと感想

今年で3度めのリビングワンダーランド産学共同制作。グループでの制作でしたが、出来上がったものは各グループとも近差でDグループ以外にも自由な発想で生き生きした作品展示となり、会場にヒト花添えることが出来たかな・・・と思っています。

グループ制作でも、個々の学生がどれだけ楽しくこなせたかによって「いいね!」をもらえる結果に繋がったのではないでしょうか。

そして最後に、昨年、一昨年に続いて2018年度三度目の産学共同制作の機会をいただくことが出来たことに、全家協の杉田さんを始め関係各所の皆様、心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

Be Sociable, Share!

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 小川 正喜 タグ: , , パーマリンク