第17回デザイングランプリTOHOKU

1b

今年も残すところ後わずか。
毎年同じ事を思うのですが、秋になって“ちょっと寒くなったな~”と思ったら、そこから年末までは何だかあっという間です。

さて、この時期のGD学科恒例行事となっている「デザイングランプリTOHOKU」参加ですが、今年度、第17回の結果が出ましたので、そのご報告を。
まず奨励賞、そして竹尾賞同時受賞となったのは石塚凪沙さん。上の作品はその受賞作品です。
今回のテーマは「アイドル」という事で、例えばカワイイ女の子のイラストや、横丁のアイドル(猫の写真)などなど、様々に幅広い形で捉える事ができますが、制作中の学生諸君を見ていると、発想が広がり過ぎて1つの作品としてまとめるのに苦労しているなー、という印象も受けました。
こうした中、石塚さんはアイドルと言えば“足”というイメージがあったそうなんです。テレビなどでアイドルが出ている時、キレイな足が、くるくるとダンサンブルに動いている…そんなシーンがとても印象深かったそうで、そこからシンプル、かつキレ味の良いデザインを生み出してくれました。
イラストとしてもキレイな仕上がりですが、何よりテーマに対して単刀直入過ぎず、でも明快で分かりやすいアイデアですよね。

また、(下、左より)粟坂桃香さんと中村美佳さんは東北地区印刷協議会会長賞に、松橋悠さんは期待賞に選ばれました。写真をメインとした広告風表現から近未来的なイラストまで、各人それぞれのオリジナリティを活かしたビジュアルが評価された様です。

2

…と、この「デザイングランプリTOHOKU」然り、こうしたデザインのコンペに応募する事は、自分もそうでしたが、学生時代の力試しとしてはとても良い機会になると思うんです。
今後も、良いコンペがあればどんどん皆の背中を押していきたいと思います。

そんな訳で、来年もデザインコンペをはじめ、校外授業などなど、外にも様々に目を向けていきたいと思ってますので、2017年もGD学科をどうぞよろしくお願いします。

では、皆さんよいお年を!

黒沢 一正

Be Sociable, Share!

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 黒沢 一正 タグ: , パーマリンク