びっくりした(雑誌とドラマと餃子編)

いつかのけだるい午後に興味の雑誌をめくっておりましたら、見たことのある色とかたちが。誌面では美女モデルが山元くんの絵を身につけています!絵が服となり動きだして愉しい。しかも美女が。びっくりしました。

1

秋になってぼんやりとしたけだるい宵にドラマを見ました。お久しぶりのドラマ鑑賞は校閲部が舞台です。登場人物が同業の知人に似ているところあがるような無いような。その方とはお仕事のご縁でお会いすることが叶い、会うたびパンチの効いた会話にひっくり返りますが、的確で丁寧な仕事ぶりは編集者の方から聞いています。私は同じくゲラをお預かりしてイラストレーションを描きます。ぐーっと引いて一枚描きます。一冊の本に携わる人々が受け取り渡して出来上がる様子を外側から眺めるようで新鮮です。

もうひとつ、早くお知らせをと思う間に1年が過ぎてびっくりですが、学生さんや卒業生とたびたび寄った代々木の上海料理屋さんはもうありません。
何を食べても美味しかった。一皿の餃子の数は定まっておらず(人数に応じて増量)、酸辣湯は器になみなみ、豆苗炒めは絶品で、杏仁豆腐はいつも無かった。毎度の杏仁豆腐ナイヨ発言に全力でうなだれる女子と妙齢女子に「これネ、食べてネ」とよく冷えたブドウをくれました(M渕さん曰く、ぜったいお風呂上がりに食べようと冷やしてあったブドウだよ~)。
そのお店の奥の間はゆるい改装が施されて、梁にはスポンジ素材の緩衝剤が貼られてあるのを背の高いS君が発見、うっかり頭をぶつけても痛くないように。寄るたびにさりげない心遣いに気付くのでした。一度だけカウンター席から見た料理する店主の姿はほんとうに恰好好かった。
「ゆっくりしてネ、ほんと、ゆっくりネ」「杏仁豆腐?ナイヨ」どこヘ行ってしまったのでしょうか。もう行く店ナイヨ。上海ですか。

本村 加代子

Be Sociable, Share!

NDCG の紹介

日本デザイン専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 本村 加代子 タグ: , パーマリンク