六本木と、あれ

どーもこんにちは。
グラフィックデザイン学科副手の白井です。
私はグラフィックデザイン論、コンピューターオペレーション、美術論の授業についています。
私もこの学校の卒業生で、卒業後はデザイン事務所に3年程勤務していました。
デザイン事務所ではチラシ、パンフレット、ポスター、グッズデザイン、CDジャケットなどの制作をしていました。
現在は学校で生徒や先生たちから刺激をいっぱいもらいながら、フリーとして動けるように日々奮闘中です。

さて、これは先日六本木を探索していた時のこと。
六本木のドンキはどこだーと、道に迷いながら歩き回っていると、
遠くの方に何かがポツンとたたずんでいるのが見えた。
やけに気になって、近寄ってみると…

レタス。
道路にレタス。
六本木の道路にレタス。

theミスマッチ。

キャベツじゃないところが六本木らしい。レタスなところがいい。
しかしながら、このミスマッチ感。私はとても魅力的に思えました。
意外な組み合わせが、良かったりするのかも。固定観念にとらわれず、自由な発想が。
とにかく、一つ学んだのは、デザインのヒントはあらゆる場所にあるということです。
それを見つける目を、そういう習慣を身につければ、吸収できるものももっとたくさんあるはず。
そういうアンテナを張って、日々生活したいものです。

ちなみにドンキでは500円のストッキングを買いました。
用途は秘密です。

では、また。

白井 雪

Be Sociable, Share!

NDCG の紹介

日本デザイン福祉専門学校グラフィックデザイン学科 STAFFブログ 先生や副手達の日常や仕事の話、学校の出来事やデザインのこと、趣味の話、普段聞けない思い…(笑)等々...
カテゴリー: 白井 雪 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です